PV,UU,CT,CTRとは

Web業界に入ると絶対に必要になってくる知識が、「Web広告」に関する知識です。
インターネット関連の仕事を始めると「PV」とか「DUB」とか「UU」とか「CTR」といった単語が出てきます。
最近そういった数値に追われまくっているのでメモを残します。

PV

ページビュー(Page View)。そのページが何回表示されたかを示します。
1,000,000PV = 100万回そのページが表示された
ということになります。

UU

ユニークユーザー(Unique User)。何人がそのページを見たのかを示します。
ユーザー数を調べる上で、わりと重要視される値です。


UB

ユニークブラウザ(Unique Browser)。どれだけのブラウザがそのページを表示したのかを示します。

ちなみに「GoogleChromeで開いたページを、今度はFireFoxで開いてみた」というユーザーの行動があったとすると、2UBが計測されます。
2つのブラウザで同一ページを閲覧しているからです。

ユーザー毎にブラウザを使い分けていたりするのでどちらかというとUUより信頼できる?数値だと思われる。

DUB

デイリーユニークブラウザ(Daily Unique Browser)。
1日あたりのユニークなブラウザ数を表します。
たいていがとある日付の00:00 ~ 23:59までを1日として計測されています。

CT

クリックスルー(Click Through)。一つの広告(バナー広告など)がクリックされた回数。

CTR

CT/PV*100

で表されるパーセンテージ。
PVに対してどれだけクリックがあるかという割合。
この数値が1.0以上ならばなかなかいい数値であるといわれるらしい。

IMP

インプレッション(Impression)、広告が表示された回数を指します。

このIMPという指標はややこしく、
広告媒体によっては広告の全面が表示されたら1カウントする場合もあったり、一部でも表示された場合に1カウントとするものもあったりします。媒体によって表示されたかどうかの判定が変わってくるため、必ずしも信頼できる数値ではありませんが、とりあえず全面表示されたら必ず1カウント入るものとして覚えておきましょう。

参考資料

Google Adsenseなどを導入している人はこの数字を気にしたことがあると思います。

ほかにもCTCやCVR,IMP,VPMといった数値がありますがブログを書いていて意識するものはそういった数値のほんの一部で充分に思えます。
もちろん広告を作る側になれば他の数値も気にするようになるでしょう。
Web広告というのはかなり興味深い分野です。

タイトルとURLをコピーしました