Windows7 Java開発環境 再構築

今日は、Windows7でJavaの開発環境の設定方法をメモします。


所持しているWindows機でかつてはAndroidアプリを開発していたのですが、JavaのアップデートやらAndroidSDKのアップデートやらをしていたらeclipseが正常に動作しなくなりました。いろいろ中途半端にやりすぎてもはやどこまで何をしたのかも覚えておらず。。。ちょっとしたJavaアプリをつくろうとしてももはや動くことすら忘れたeclipse。Hello World!ですら動かない。対策を検索しても意味が分からない。

そしてすべてをあきらめ、シャットダウンをしようとした・・・

そのとき、「すべてをなかったことにしてしまえばいいんだ・・・」という考えが脳裏をよぎりました。

すべてをなかったことにすることを決めました。

そもそも僕は「Java」なんか知らないし、見たことも聞いたことも触ったこともない。

本気でそう思い込むことにしました。

そこですべてをリセットし、最初からWindows7でJava開発環境を再構築します。
ここではその記録をしていきます。

まず、いったんすべてのJava関連アプリケーションをアンインストールします。
「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」
で、Java Update 6 ***とかそういうものをアンインストールしちゃいます。

正常に動かなくなったeclipseも削除します。オール削除。完全にデリート。心を鬼にする。

すべてをなかったことにする。

まっさらな状態からスタート。

1.とにかく、「Hello World!」できるようにする。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

「Java SE Development Kit 7u21」という記述をさがす。


①規約に同意する
②jdk-7u21-windows-x64.exeファイルをクリック、とりあえずダウンロード
※ダウンロードするファイルは自分の環境によって適宜変えること

jdk-7u21-windows-x64.exeを実行。

インストーラが走る。なにも気にせず「次へ」を連打。完了するまで連打。とにかく連打。

2.「パス」を通す。
ここはマジで難しい。何回もトライした。
「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→左側にある「システムの詳細設定」→「環境変数」


ここまでははいい。問題はこの環境変数の設定である。うかつなことをしてはいけない。こわれる。

そーっと「システム環境変数」をのぞく



参考:まずは、JDK(J2SDK)をインストールしてHelloWorldを動かそう(http://www.searchman.info/java_eclipse/1010.html)

http://www.searchman.info/java_eclipse/1070.html

参考Web: multiLife-Windows7(64bit)に最新版のAndroid開発環境を構築
シカでした Windows7 に Android 開発環境を構築する
大人になったら肺呼吸 Eclipse 4.2 Junoを日本語化する方法