ノゲシ

【大都会東京に咲く】春のノゲシを煮込んで食べてみた【雑草を食す】

気づけば2月、まだまだ寒い冬の真っ只中という感じです。
大都会東京において自然を求めて散歩する日々が続きます。

近くの空き地に、タンポポのような黄色い花を咲かせて、トゲトゲした葉っぱをつけている野草をよく見かけます。
大都会東京でよく見かける荒れた駐車場の隙間から力強く生えていたりするので、

旅人的思考になると当然

「これ食ったらうまいんかな?」

になるわけです。というわけで調べてみました。

ノゲシ (野芥子)

ノゲシ
黄色い花とギザギザの葉が特徴

コンクリで固められた駐車場のようなところでも強く咲き誇るあの花の名前は、

「ノゲシ」

という名前の野草だそうです。

さて、食べられるかどうかですが、名前に「ケシ」が入っているので麻薬成分でも入っているのかと思いましたが、どうやらまた別の植物らしいです。

和名に「ケシ」が付くが、ケシ(ケシ科)と葉が似ているだけで分類上は全く別系統である。

ノゲシ – Wikipedia

■食・毒・薬
早春から春のノゲシの若い葉は、苦みはありますが食用にされます。
中国では薬用にするとのことですが、日本では、全草を乾燥させて健康茶にする程度です。

ノゲシ(野芥子) | 多摩丘陵の植物と里山の研究室

ということで、ヤバイ毒は持っていなさそう。若い芽をちょっとちぎって洗って食べてみます。


まずはパッチテスト、水洗いして食す

まず、ワイルドに生の葉をむしってむしゃり、という無謀はせず、適当に若芽を摘んで洗います。
一応大都会東京の空き地に生えているので、除草剤やら雑菌を水で洗い流してパッチテスト的に食べてみます。

「パッチテスト」は大自然サバイバル番組とかで見るアレです。

「皮膚に当て、何もなければ皮膚にこすりつけ、何も起きなければ口に入れて様子を見て、何も起きなければ咀嚼して、何もなければ飲み込み、しばらく様子をみる」

お腹空いたので水でよく洗い流したものをちょっとつまみ食いした。

生食の感想

旅のお供のコッフェル久々に登場

可もなく不可もなく、普通の草の味だ・・・。昔ベランダで育てたフユナと同じ味。

「美味しくはないな・・・。あと、東京の廃ガスとか吸ってそうで量食えば腹壊しそう。ふつうにやめよう」

生食はNGと判断。次のオペレーションに移った。

シンプルに塩で煮込む

とりあえず塩でゆでる

塩で煮込んでいるのは味付け的な意味もあるし、家庭の食卓に並ぶ「ほうれん草」を目指してみようと思ったからです。

塩の小瓶ってかさばらないし、本当に必要最低限なミネラルなので個人的にかなり重宝しています。
キャンプ行く時はいつも持ち歩いています。

当然ですが、このノギク、大都会東京で採れた雑草に他ならないので

煮汁にはいろんな不純物が混ざっています。

むやみに口にしない方が賢明です。
サッと湯切りして更に水で洗い流して、完成。

いざ、大都会東京育ちの雑草、ノギクを食す

じゃーん。見た目は茹で上がったほうれん草です。
鰹節とかあればかけたい。だが、現場にそんな贅沢な食材はない!!
ですが、あくまで美味しく食べたいのでちょっとズルして冷蔵庫の醤油をつかいます。

傷んだ葉とか危なそうな葉を取り除いたりして茹でたので、ホントにちょこんとしかありません(´・ω・`)

まあ、災害時の非常食テストと思って食べてみます。

・・・

・・・

・・・

感想

「え、うま、、、、、え、、、うまくね・・・?え、これ普通に食卓に出てくるほうれん草と変わんない・・・」

カツオ節があったならそれで和えてもよかった・・・と思うくらい普通の「食卓に並ぶほうれん草」という感じがしました。

大都会東京で育つこの雑草、わりとどこにでも生えるようで結構忌み嫌われている野草のようですが、
こうやってちゃんと下処理して食べれば美味しいんだなぁ・・・・・・

ただやっぱり高層ビル街のど真ん中あたりで生えていたり、
駐車場に生えているものを大量に食すのはなかなか勇気がいります。
かと言ってその辺の空き地に生えているものを採りにガサゴソ入っていくのもいろいろと気遣いが必要です。

野草食すチャレンジはやっぱり適切な下ごしらえと、量の調整が必要です。


言わずもがな、自己責任

野草を採る、食べるに関してはいろいろとルールや守らないといけないお作法・下ごしらえがありますので充分にご注意の上、お楽しみください。
詳しくは市販されている野草図鑑、Kindle等で買える書籍をご参考ください。

あと、以前ホントに謎のウィルスに侵されて死にかけたので、日々の生活に影響ない範囲で大都会東京野草チャレンジをしてみてください。

No more Virus!!

ウィルスに侵された時の記事がこちら

参考資料

ノゲシ(野芥子) | 多摩丘陵の植物と里山の研究室


【大都会東京に咲く】春のノゲシを煮込んで食べてみた【雑草を食す】」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください