3.11 あの日僕はタイの空港にいた

忘れもしない2011年3月11日

僕はタイ国バンコク、スワンナプーム国際空港にいた。

大学の研修プログラムでネパールに約10日間滞在し、その帰りに地震があったことを知った。
その時から僕にとっての3.11が始まった。

当時大学2年生の20歳、情報系学部に通っていた一個人の小さな記憶の記録だと思って読んでいただければと思います。

ネパールからタイ経由で日本に帰国する予定だった、Googleフォトに残っていたその時の画像
最初はいつもの地震だと思った

ネパールから日本への直通便はなく、バンコク経由での往復となっていたのだ。

バンコクの空港に着いて乗り継ぎロビーに向かう途中、

空港職員が「この中に成田に向かう人はいますか?」と英語で話しかけてきた。
顔つきやカメラの装備などを見て日本人と思って話しかけてきたんだ、と思った。

ぼく「はい、今日成田空港に向かう予定です」
職員「さきほど、日本で大きな地震が起きたので、成田行きは出発が遅れます」
ぼく「どれくらい遅延するの?」
職員「私達も先ほど連絡をうけたばかりでお答えできません」

という話だったので、「ふーん、またいつものちっちゃい地震で空港に亀裂でも入ったのかな」程度の認識で、のんきに乗り継ぎ便利用客専用のロビーで、学生どうしでビールなんかを飲んでヘラヘラと過ごしていた。

空港にはたくさんの日本人がいて、足止めを食らってしまった、という顔でまだのんきで和やかな空気だったのだ。
正直いって、「年に一度くらい起きるちょっとおっきい地震で、すぐに日本に帰れるだろう」という平和な空気が流れていた。

何気なくロビーのテレビを目をやるとNHK Worldの画面に差し替わった。

最初はいつもどおりのNHKっぽい雰囲気の字幕で「震度7を観測」という文字が目に入った。

一瞬で雰囲気が変わった

「え?」

気がかりなのは家族・友人の安否

NHKの淡々とした「震度7を観測」という文字列が流れて、空港の雰囲気が変わった。自分が一緒に行動していた日本人グループの雰囲気もいっきに変わった。
そして震源を表すバツマークを見た。震源は成田から離れているが、震度7ということは相当な地震だったということを想像した。

続いて、大きな揺れを観測した地点の情報が羅列され始めた

その中には当時自分が住んでいた横浜もあった、震度6の横だった。

「えっ、横浜で・・・?震度6・・・ってことは、成田も・・・」

研修グループのメンバーも横浜付近に暮らす人が多く、全員焦りだした。

自分に至っては国際電話料金をガン無視して、山梨の実家に電話した。両親と妹弟の安否を取った。
意外にもすぐにつながって、全員無事らしいという確認ができた。

そして即座にTwitterを確認。

日本人の友人達がいろいろ混乱をつぶやいていた。

「看板落ちた!」「液状化なーうww」「やばいなんにもできないけどツイッター生きてる」など、今思えば割と凄いことを平気でつぶやいているTwitter民であふれていた。

自分でもいろいろスワンナプーム国際空港の様子をつぶやいていた。

まだiPhone3GS、ソフトバンクしかiPhoneを出していなかった時代だった。
僕は「テレビの情報なんかよりTwitterの生の情報の方が速い!!」などとイキって地名で検索とかしていた。
(当時お世話になっていたツイッタークライアントはEchofonでした)

とにかく、持てるすべての技術を駆使して情報収集して、友人たちに安否情報を伝えていたりした。

そんなこんなしていると、他の日本人グループにも「○○、調べてもらえませんか」「実家が○○なんです、ちょっと見てもらっていいですか」とか声をかけられて、
「あー、一応揺れたみたいです」
「地名つきでつぶやいている人はいないみたいです」

とか、謎のボランティアを開始していた。

そして、ロビーのテレビに映像が映されるようになった。横浜駅前で大きな看板が落ちる映像がものすごく印象に残っている。

あー、やばそうだな、という気持ちが募っていった

そして衝撃の映像が流れてきた

Twitterをチラチラみたり、友人と電源を探したりしていると、

あの衝撃の津波の映像が、実況中継で放送されてきた

一瞬で全員が「え?」と言って口を開けて、固まったままになった。

そこからもう、大混乱になった。

津波から逃げる車の映像を見て、
「あー、にげろにげろにげろにげろ、あー」
「え、これ日本?」
「やばくね?やばくね?」
とか、皆日本語で口々に各々の混乱をしゃべっていた。

私もトムハンクス主演の「ターミナル」という映画を思い出しながら、「これ、本当に帰れるの・・・」と口にした記憶がある。
映像の下の字幕には、英語と日本語を交えた地名が出てきていた。

隣の日本人グループには家族と連絡が取れないままで不安になっている人もいた。中には泣き出してしまっている人もいる。
それを励まそうとしている僕らも声が震えてきた。

更に怖くなってきて、今度は祖父祖母にも電話をかけようとした。

もう電話は通じなくなっていた。

怖い。マジで怖い。本当に何がどうなっているんだろう。

僕は日本に帰れるのか?帰ってもいつもの日常に戻っていけるのか?
家族も友人もみんな無事で生きていてくれるのか?Twitterでしか絡んだことのない東北地方の人たちは大丈夫なのか?
みんなどうなってるんだろう?

衝撃的な映像を見続けている中で、どんどん焦りが出てきた。連絡がつかないことの恐怖がどんどん増していく。
Twitterを見ると画像やら映像までリツイートされて出てくる。中には衝撃的な画像もあったと思う。
「まじかよ・・・」とリアルでつぶやいていたと思う。中には冗談で嘘の情報もあるだろうから、まがりなりにも情報系学生らしく、リツイート元も追いかけて真偽を確かめたりもした。

電話が通じなくてもTwitterでは謎の日常感が漂っていたので、その点では周囲よりパニックにならずに済んだのかもしれない。

映像はひたすら、田畑や家々、道路を侵攻する津波と、そこから逃げようとする車列や逃げる人たちを映していた。
ヘリから実況する報道記者が力なく「黒い濁流が、依然続いています、避難が続いています・・・あー・・・」とうなだれる声も覚えている。

正直、今思い出しながら書いていてもかなり怖い記憶だ。

8時間遅れで成田行きの便で帰国、そこからが戦いだった

どういうことがあったか、その後の記憶はあまり残っていないが、

電源をシェアしたり、持ち運んだノートPCで記録をとっていた気がする(今、その時のノートPCでこの記事書いている)

すぐには帰れないと思ったものの、なんやかんやで成田に帰った。

帰りの飛行機の窓からは、千葉の工業地帯からまだ煙が上がっていて、相当傷ついたことが伺えた。

その後が更に大変だった。

成田から横浜の自宅までの線路が、まだ復旧していない、復旧作業中。

僕のいた学生グループは各々ルートが似ている者同士で固まって、まず腹ごしらえ、そして電源確保。

特に自分はiPhoneだけが命綱だったので、ノートPCの電池を充電しつつ、直列でiPhone充電。
持っていた電源タップが大活躍して友人達の携帯も充電できた。
しばらくはTwitterとFacebookを見て画像や映像を見たりして皆で、「やべえ」とか言っていた。

その時はまだ原発が爆発していなくて、そんなにパニック状態ではなかった。持っていた太陽光パネル充電器まで駆使して電源シェアをするくらいの余裕があった。

でもやっぱり皆、帰りたいけど、帰ってどうなるのか・・・という漠然とした不安が漂っていた。

成田から横浜への帰宅ルートが動いているらしい、とYahoo!路線検索で知った僕のグループ(男子学生3人)は大荷物を抱えて移動した。僕の友人らの家族は無事だったようで、なんとなく皆で安心していた。でもフワフワした微妙な空気もあって、友人が一人忘れ物をした!と言って引き返していってしまった。

結局、最後は僕が一人だけ曳舟で乗り換えになった。

知らないおじいさんに話しかけられた。

お爺さん「大変だったね、どこに行っていたの」
ぼく「ネパールです」
お爺さん「ネパールかぁ!!いいね!僕もネパール大好き!大変だったね!!」
ぼく「あ、はい、ほんといろいろ大変でした、まさか帰りまで」
お爺さん「若いんだから大丈夫!がんばって!」

あのお爺さんの「若いんだから大丈夫」という言葉は、その後の生活にかかっていたのか、ネパールでの体験にかかっていたのかは未だに謎だけど

あの日、僕にとっての3.11の最後、曳舟駅のエレベーターから見た、建設中の東京スカイツリーの姿を僕は忘れないだろう。

あれから7年、時代がすごいスピードで変わった

当時は大学生でtwitter,facebook,WordPressつかえる俺かっけー!!という謎の自信でなんとかなっていたものの、最近はもうそんなことは当たり前になった。気がつけばたったの7年のうちにソーシャルメディアを利用したマーケティングアカウントは一気に爆増し、僕のようにWordPressするのが日常になった。

でもあの時Twitterで流れていく沢山の情報の渦を感じた。ソーシャルネットワーキングサービスの凄さを感じたし、怖さも感じた。
お世話になったYahoo!乗換案内のウラ側を知る機会もあって、本当にあの時皆それぞれができる最善を尽くしてこの国は動いていたんだと思う。

帰宅してすぐ、原発が爆発する実況映像を見た。

そこから2時間も経たないうちに、沢山の外国の友人からfacebookで「おい、お前大丈夫なのかよ!原発爆発って本当に大丈夫なのかよ!!」と心配された。僕はよくわからないなりに「日本政府の発表だとただちに影響はないって言ってる」と返事していた。

その後、すごいいろんなことがあったけど、

やっぱインターネットってすごい。

そんなインターネットの力を信じて、これからもITエンジニアの経験を駆使して、誰かのために何かをできる人間でありたいと思います。

コメントを残す