新しいMacBookでjavaの開発環境を整えた時のメモ

MacbookAirを買った時の記録。
Android開発でJavaのバージョンを調べる必要があった。

クセで--versionと打って失敗。

$ java --version
Unrecognized option: --version
Error: Could not create the Java Virtual Machine.
Error: A fatal exception has occurred. Program will exit.

下記が正解

$ java -version
java version "1.8.0_162"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_162-b12)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.162-b12, mixed mode)

しかし、これJRE(Java Runtime Environment)というJavaの実行環境があるだけで、Javaアプリケーション開発にはjdkが必要。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

ここからJDK(Java Development Kit)をダウンロードし、インストーラを利用してお使いのMacbookにインストールするのが良いでしょう。

JREとJDKの違い

JRE = Java Runtime Environment

Javaアプリケーションの実行に必要な環境である。

JDK = Java Development Kit

Javaアプリケーションの開発に必要。

ちなみにこのJDKにはいくつか種類がある。OpenJDKと呼ばれるものや、Oracleから出されている公式のものだ。
詳しくはまた調べることとする

【参考資料】
JavaDevelopmentKit(JDK)とは|主要コンポーネント一覧と導入方法 | フリエン
【初心者でもすぐわかる】JDKのインストール方法 Mac編 | リナックスアカデミー

コメントを残す