AndroidManifestに書いてあるversionCodeをapp/build.gradleに寄せた

自作アプリTwitMorse、2015年開発当初はAndroidManifestでバージョン管理をするものだと思っていた。
どうやら最近ではgradleで書くようなのでそれに倣ってapp/build.gradleに寄せた。(というか仕事で書いていたAndroidアプリもそうなっていた)

変更点

AndroidManifest.xml

 <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
 <manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
-        package="jp.sub.takelab.twitmorus"
-        android:versionCode="69"
-        android:versionName="1.6.9">
+        package="jp.sub.takelab.twitmorus">

app/build.gradle

    defaultConfig {
        applicationId "jp.sub.takelab.twitmorus"
        minSdkVersion 21
        targetSdkVersion 27 // see : http://www.telemarks.co.jp/service/oreo.html
+        // app version
+        versionCode 69
+        versionName "1.6.9"
    }

packageなどはとりあえずこのままで良いっぽい。
動作確認も取れたので近々リリースします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください