再びの膵炎で入院 〜アルコール依存症へ〜

今年もいろいろありまして、まあ精神的に病んでおったわけです。
いろいろな部分は結構重たいので割愛するとして、そういったストレスからアルコールにハマり、ホントは飲めもしないのにそれで気を紛らわすという日々が続いていました。

前回、入院していた時東京医療センターの精神科医のススメで、「三軒茶屋神経内科・心療内科」を受診したところ

あなたは、アルコール依存症です。入院して治す必要があります。3ヶ月くらい。

と言われ、ショックとともに、会社に連絡。試用期間中だったのもあり、おそらく本採用はないということで退職を決意しました。

毎朝、腹痛に悩まされて、会社に行けない状態になっていたのもあり。

本腰を入れて治さないと、今後の人生に影響が出そうだったのもあり、体調も崩しがちだったからです。

その準備をしている矢先、再び膵炎のような痛みが襲ってきて、タクシーで救急へ。
またおなじみ東京医療センターでした。

そこでまた再度

あなたは膵炎です。入院してください

と言われ、「これから久里浜医療センターに入院予定なのですが・・・」と言ったものの、とにかく入院が必要だと説明され、入院

まさかの再入院です。

自分がアルコール依存症であると、自覚するためにも一筆書いてみました。


アルコール依存症の治療は「断酒」しかない

断酒とは、一生お酒を飲まないということです。
アルコール依存症は一生治らない不治の病と言われています。

1滴でも飲むと、そこから飲酒量がコントロールできなくなり、「連続飲酒」という状態になります。
私は夜飲んで、朝からずっと体調が悪く、そのまままた夕方ごろに飲むというサイクルが、会社をやめる最後らへんに来ていました。

若い内に治療するのがいいと、クリニックの先生も言っていたので入院治療については激しく同意。

そこから抜け出すには入院治療が一般的で、関東で有名な入院先としては

  • 成増厚生病院
  • 久里浜医療センター

などがあります。

膵炎が治ったらそのまま久里浜医療センターへの転院になると思います。
そこで入院日記でも書いていけたらなぁ、と思います。

このブログはこのまま断酒日記へと変わっていくかもしれません。

再びの膵炎で入院 〜アルコール依存症へ〜」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください