久里浜医療センター入院記

これまでの経過はこちら

朝7:00、東京医療センターでの会計やらの退院手続きを済ませ、いざ久里浜へ

久里浜医療センターとは

久里浜医療センター 公式HP

ここにあるとおりアルコール治療が主の精神病院です・・・。
3ヶ月の断酒プログラムを経て卒業し、社会へと復帰するのです。
その後は通院と断酒会で酒を飲まない生活を送らなければなりません。グッバイ酒。

東京医療センターからバスに乗り、東急自由が丘駅へ、そこから京急線に乗り換えて1時間、京急久里浜駅からバスで10分、と2時間ちょっとの小旅行です。


受付、そして入院へ

最初に受付をして、東京医療センターからの紹介状等もろもろ事務手続きを終え、まず精神科を受診。
僕のこれまで起きた不幸に医師も驚いていました。が、それよりも先に断酒だという。。。
レントゲンで肝臓の状態を確認しましたが、正常な形をしていたようで何より。

精神科も内科も受診を終えて、いざ入院。
最初は2日、1時間半程度の短い点滴があります。

これから長い長い3ヶ月の入院生活が始まります。

病床も決まって、点滴も始まる前にいろいろと病院敷地内を散策。

元海軍の病院だっただけあって建物は古いです。。。

結構敷地に緑が多いです。また海もきれいに見えます。


散策を終えて、ついてきてくれた彼女と別れ、病床に付きました。
そして痛い点滴を受けました。

夕飯は普通の白飯が出てよかったです。

以上、第1日目でした。

1 thought on “久里浜医療センター入院記

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください