久里浜医療センター入院記9 〜トンビにパンさらわれたでござるの巻〜

そういえば書くのを忘れていたのですが、先週木曜日(記事こちら)に元教師のTさんが東1病棟と呼ばれる65歳以上の方が入る病棟に転棟しました。

更に、元コックのOさんも来週の木曜日(12/27)東6病棟に転棟となります。
今度新しく病室に入ってくる人はどんな人だろうか・・・それとも年末年始はJ君(23歳)と二人でわびしく過ごすのか・・・。


昨日、彼女が東京からここ久里浜医療センターまで見舞いに来てくれました。
しかもアルコール依存症患者家族の勉強会にまで参加してくれました。なんともありがたく、自宅から一眼レフカメラ(Canon Kiss X7)を持ってきてくれました。

彼女は本当にありがたい存在です・・・。

トンビにパン持っていかれる事件発生

そんな彼女と、海の見える丘で喋っていた時に起こった事件。
彼女が昼食にパンを頬張っていました。(彼女はパンマイスターらしい)
右手にパンを持って私と1メートルないくらいの距離でおしゃべりを楽しんでいると、

ぶわさぁあああああっ!!!!!

っと、なにかの羽が僕の首筋にあたり、黒い物体が通過。そして彼女の右手からパンが消えていました。

二人とも一瞬なにが起きたのか分からず、お互い、「えっ」みたいな顔をしていました。

なんと、トンビがパンをさらって行ったのです!!

彼女に怪我はなく、本当に傷ひとつつけずに、トンビは去って行きました。
時々、鎌倉や茅ヶ崎でトンビに食事を持っていかれる特集などをニュースで見ていましたが、まさか目の前でそれが起きるとは・・・。

ここ久里浜で外で何かを食べる時は皆様、注意しましょう( ー`дー´)


その後、彼女と二人で散歩し、私はカメラでいくつか写真を撮って楽しみました。

彼女は17:00過ぎのバスに乗って東京へ帰ってしまいました。

(´・ω・`)

三連休は寒そうですね。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください