【長野県】信濃・別府城跡【東御市】

信濃・別府城跡に散歩で訪れてみました。
GoogleMapを頼りに、入っていいのか分からない農道や田畑をかき分けたところに、別府城跡はありました。
ただ、見た感じはただの畑って感じがしました。でも、こういう名もなき小城や山城が僕は好きでよく訪れるのです。



信濃・別府城跡

別府城の城主は禰津(ねづ)氏の一族である別府(べっぷ)氏。

地形を見た感じでは平な場所だったので、簡単な堀と土塀を建てた簡素な居館だったのではないかと推測する。

1436年(永享8年)に小笠原政康(おがさわらまさやす)が禰津氏の支城(しじょう、要は支えの附城)である別府城を攻略した。

政康さんは室町幕府6代将軍足利義教(あしかがよしのり)の弓馬師範に推挙された(『林羅山撰 将軍家譜』)。その後、鎌倉公方である足利持氏(あしかがもちうじ)と通じたた村上頼清と芦田氏討伐を果たし、義教から感状を授かった、とされる。

おそらくその戦いで、この別府城は落城してしまったのでしょう。。。

(ちなみに小笠原氏は、信濃の守護である。後に武田信玄にボコボコにされてしまう)

周囲は田畑で、特に案内板もない。遺構もはっきり分からない。僕がよく見る城郭放浪記というサイトには載っているので、確かにここに館跡か附城があったのではないかと思われる。

信濃・城郭放浪記によれば、「屋敷」と呼ばれるところに藪が残されていて、そのあたりが別府城だったと言われている。


おそらく、画像奥側の竹やぶが別府城の跡だと思われる。
周りは整備された田畑だが、ここだけ竹やぶとなっているためそう考えた。


ちょっとした石垣も見つけたが、これが遺構なのかは分からない。石垣だったと信じたい(願望)

城主

別府氏

アクセス

最寄り駅(直線距離)
1.9km 滋野駅
3.8km 田中駅
5.8km 小諸駅
5.8km 小諸駅
6.8km 大屋駅
(引用 : 城郭放浪記 信濃・別府城 )

場所


参考資料

2 thoughts on “【長野県】信濃・別府城跡【東御市】

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください