【長野県】信濃・芝生田城址(しぼうだじょう)【小諸市】

今回は小諸市に位置する、芝生田城跡に訪れてみました。
信濃病院からはGoogleMapによれば徒歩14分。目印の少ない田園地帯をてくてくと歩いてやっと見つけました。
遠目から見ればただの田園とビニールハウスの集まり。だが、確かにここに兵どもが夢の跡があったはず。


信濃・芝生田城

ビニールハウスのある辺り芝生田城があったらしい
ビニールハウスのある辺り芝生田城があったらしい

見た感じ、形態は平城です。遺構はないに等しいです。

僕がよくお世話になる城郭放浪記 | 信濃・芝生田城によれば、ビニールハウスがあったあたりに城館があったそうです。
周囲をすこし歩きまわって見ましたが、解説の看板などは見受けられませんでした。まさに僕の好きな名もなき城跡、兵どもが夢の跡って感じです。

築城年は定かではありませんが、柴生田氏(しぼうだ、と読むらしい)の居城であったとされているそうです。

諏訪御符礼古書』には文明2年(1470年)「柴生田石見守光信 御符礼一貫八百文」、文明12年(1480年)「宮頭 柴生田沙弥常能 御符礼一貫八百」、文明17年(1485年)「柴生田磯並伊豆守直光 御符礼一貫八百」の記録が残る。

(参考:城郭放浪記 | 信濃・芝生田城

【長野県】信濃・別府城跡【東御市】の記事にあった結末同様に、1436年(永享8年)に小笠原政康が別府城とともに攻略した。
まあ要するにここを居城とする柴生田直光さんは、小笠原政康さんとの戦いに敗れたのであろうか。それを示すような資料が今現在どこにあるかは分からないが、僕自身はそんなことを思い馳せながらこの田園を歩いた。
しかし、諏訪御符礼古書によれば、

1470年(文明2年)には柴生田石見守光信(しぼうだいわみのかみみつのぶ)が一貫八百文、
1480年(文明12年)柴生田常能(しぼうだつねたか)がそれを受け継ぎ、
その後1485年(文明17年)には柴生田直光がその領地を受け継いだ、とされる。

1436年の小笠原政康の攻略以降に、再び領地を持っていたと記されているから、なんとか再興してまたここに城館と領地をもらったのではないかと推測します。(あくまで素人の個人の推測です)

唯一あるのは石碑

芝生田城跡付近の石碑
唯一城跡があったであろうことを示す石碑。なんと書いてあるか分からなかった

唯一、城跡か、戦いがあったかのことを示すような石碑が一つだけ建てられている。

これが「信濃の山城と館」に記されている「小笠原氏常磐外記長武之碑」のようである。

城郭放浪記 | 信濃・芝生田城より一部引用)

とのことである。おそらく小笠原政康さんが攻略したよ!という記念碑なのではないのだろうか。今手元でiPhoneにある画像を見てもなんと書いてあるか分からない。専門家じゃないと実際になんと書いてあるかは分からないのではないだろうか。

周囲の田園を流れる小川は綺麗だった

城址のほど近く横を流れる小川
芝生田城址のほど近くを流れる小川は綺麗だった。実際に行って見てみればその綺麗さがわかるだろう。
周囲の田畑に水を引くための水路のようだが、いつの時代からここにあったのだろう。


その小川の先には弁財天が祀られていた。とりあえず、病気を克服できますように、と手を合わせておきました。あとお金持ちになれますように、とも。

「城跡」ではなく「史跡」で検索

ちなみにこの城跡、GoogleMapアプリで「史跡」と検索すると出てきます。「城跡」だと出てきません。
他にもまだ1時間以内の散歩で行けそうな遺跡があるようなのでまた暇ができたら行ってみようと思います。

城主
  • 柴生田(しぼうだ)氏

おそらく、この点からあたりの地名が芝生田(しぼうだ)と呼ばれている。
「柴」の文字が簡略化され「芝」となったのであろう。

アクセス

最寄り駅(直線距離)
1.8km 滋野駅
4.0km 小諸駅
4.1km 小諸駅
5.0km 田中駅
5.4km 東小諸駅
城郭放浪記 | 信濃・芝生田城より)

以上、長野県小諸市にある芝生田城址(しぼうだじょうし)のレビュー記事でした。


参考資料

【長野県】信濃・芝生田城址(しぼうだじょう)【小諸市】」への2件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください