信濃病院敷地内の梅の木の花

東京のIT社畜がアル中になって入院してみた 信濃病院編17

信濃病院に入院して55日目です。
退院していく患者さんもいれば、入院してくる患者さんもちらほら・・・また、ここに入院して40年経つという猛者が実は居たということを今日知りました。
4年、5年、10年、30年は聞いたことがあったけど、この信濃病院の設立当初からずっといる患者さんもいるんですね。
驚きでした。



朝起きているのが辛い

睡眠導入剤の量が多いのか、はたまた別の薬の副作用なのか、22:30に就寝して、7:30に起床してもまだ全然眠いです。合計で9時間は寝てるはずなのですが、起床と同時に朝食を食べて、ナースセンターに行って朝食後の薬を飲み、喫煙所で一服し、自室に戻ってベッドでバタンキューするともう1時間くらい寝てしまいます。
そしてクライマーK氏が主導するラジオ体操に出席できず、目覚めてから悶々とするのです。
悶々がだんだんと暗い気持ちに変わっていく前に、僕が全幅の信頼を置くワイパックス錠を服用して、日光浴をしていました。
うつ状態もワイパックスのおかげでなんとか平穏に過ごせている感じがします。

今日薬剤師さんに説明されたのですが、僕は睡眠前にネルボンという睡眠導入剤とリフレックスという抗うつ薬を飲んで寝ています。
リフレックスは昔から精神科医師である父に処方されて以来飲んでいましたが、ネルボンについてはこちら参照ください。

おそらく、アルコールからの離脱症状としての不眠症状に対して処方されているものだと思います。
僕はそれを現在0.25g服用していて、それも徐々に減らしていくみたいです。
明日院長先生との面談があるので、朝起きているのが辛い旨は相談してみたいと思います。

梅の花が咲き始めました

今日気づいたのですが、近隣の梅の木の花が咲き始めていました。
信濃病院近隣の梅の木の梅の花

いよいよ春って感じですね。ただ、院長先生も言っていたのはこの時期になると具合が悪くなる方結構いらっしゃるみたいです。
自分のうつ症状は外部からの凶報や過去のトラブルのフラッシュバックが主な原因な気がしていますが、風邪を引くとそういったうつ症状も助長されてしまうので、気分がブルーになるのも仕方ないのかもしれません。

また今日は住んでいる世田谷区から不穏な電話があったので、その事実関係とまた向き合わなければなりません・・・。
なんとかなりますように!


ここ最近の平日のスケジュール

ここ最近の入院状況をそういえば整理していなかったので整理してみたいと思います。
以下がこの信濃病院に入院して1ヶ月半の状態のスケジュールです。

  • 11:00 ~ 11:50 ポジティブ心理学
  • 13:00 ~ 13:50 臨床心理士によるカウンセリング(月曜日のみ)
  • 14:00 ~ 14:50 禅・マインドフルネス
  • 15:00 ~ 15:50 CST(Coping skill training 再飲酒・再発への対処方、人間関係の対処法トレーニング)
  • 16:00 ~ 16:45 風呂(月曜・木曜のみ)

特に月曜日は忙しいことがわかります。
17:00以降は外出届を出していないと外出ができないので、買い物に行くとすれば朝の10:00から1時間散歩しか今の所考えられません。

今日あった自分にとってよかった事3つ

信濃病院入院日記 〜今日からポジティブ思考学講座が始まった〜より続けている今日あった自分にとってよかった事3つ

  • 元板金屋のKさんと一緒に安楽屋というスーパーまで買い物に行けたこと
  • 喫煙所で久々に心の底から笑った、ということに気づいたこと
  • 薬剤師さんから服用している薬の詳細な説明を受けられたこと

ですかね・・・。あとは梅の花に気づいたこととか・・・。マインドフルネスの講座で「味わうマインドフルネス」を学んだことなどなど・・・

明日はワイパックスなしで乗り切りたいですが、、、無理をせず、キツイ時は頼ることにします。

参考資料

1 thought on “東京のIT社畜がアル中になって入院してみた 信濃病院編17

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください