東京のIT社畜がアル中になって入院してみた 信濃病院編19

この記事は東京のIT社畜がアル中になって入院してみた 信濃病院編18の続きです。
入院57日目、今日は祝日、春分の日ということで治療プログラムがございませんでした。
さあ何もない日こそ危ないぞー、久里浜での脱走飲酒の前科があるから危ないぞー、と警戒する一日でした。


昨夜から睡眠導入剤が無くなってどうなったか

昨夜から睡眠導入剤であるネルボンがなくなりました。クライマーK氏主催の21:30からの座禅に参加し、床につき、「身体感覚マインドフルネス」を行うことでスムーズに眠りにつきました。(一応、リフレックスは服用して就寝です)

(身体感覚マインドフルネスについては東京のIT社畜がアル中になって入院してみた 信濃病院編18を参照ください)

途中3度ほど中途覚醒してお菓子をボリボリ食っていましたが、眠かったです。

7:35に目覚めると、前日の睡眠導入剤を服用していた時よりパッと起きれるようになり、その後朝食をとっても眠くならずに無事ラジオ体操に参加できました。

ただ、感想としては「いつもより眠り浅かったなぁ」という感じがしました。不思議な夢を見ること2回。
入眠に関しては座禅+身体感覚マインドフルネスでスムーズに眠りについたので、今後は如何に深い眠りを維持するかが課題になりそう。

ワイパックスなしで過ごすとやっぱりうつ状態

まあ、アルコール絡みで過去に経験したことが結構なコトだっただけにか、それがずっと引きずられてのうつ状態。
天候も朝から雨が降ったり止んだり、晴れ間が出てきたりと不安定。僕の心も不安定。。

ベッドの上で仰向けに天井を眺めながら、なぜ僕は生きていないといけないんだろう、死んでしまってもいいのではないか?と鬱々とした気持ちがありました。

それでもなんとか散歩に出かけて最寄りのローソンでタバコを2箱買いました。
途中何度か、(今日こそ酒飲んでやろうか)とも考えましたが、その後のうつ状態の方がもっと怖い気がしたし、23日24日と彼女と上田市で外泊訓練の予定というのもあり、「今日一日」をスローガンに無事帰院。

Mさん(女性)の方にも「うつがひどい・・・」と相談したり、3週間ほど前に入院した84歳のOさん(女性)にも励まされました。

ようやく出た日差しと共に涙する

信濃病院の駐車場のベンチと日差し

昼食を終えた後、やっと晴れてきて日差しが出るようになりました。日光浴をすべく駐車場のベンチに座ると・・・
思わず、過去の事が思い出されて、無性に泣きたくなり、泣いてしまいました。僕は昔から涙もろい男なので・・・。

そんなところに酸素ボンベを鼻に通している患者さんがやってきて、「どうした」と声をかけてくれました。
「いや、、、過去の事を思い出してつい・・・」と涙声で返すと、

泣け泣け!!でもなぁ!それでも生きていかなくちゃならねぇんだよ!!

と力強く言われました。
今現在の自分にとってはとっても重い、重い言葉でした。

酸素ボンベを付けたおじさんは「ただな、自分でコレだけはやっちゃダメだぞ!」と首吊りのサイン。
それでまたうわああああああんと泣いてしまいました。僕の周りにはなぜかそれをしちゃう人達がいた過去もあり。

名も知らぬボンベのおじさん、ありがとう。

身体感覚マインドフルネスで落ち着きを取り戻す

泣いた後、タバコを吸ってみたり、日差しを浴びながら歩き回ってみたり、
また、今日は木曜の風呂の日だったので風呂に入ってまた駐車場をウロウロと日光浴しながら歩いてみたり・・・

どうにかこのうつ状態を脱して、前向きになってみたい!と思いまして、

信濃病院1階にある畳部屋(集団療法室)で身体感覚マインドフルネスを実践してみました。

座布団を枕に、仰向けに寝転がり、全身の力を抜いて、足、胴体、腕、頭・・・と20分くらい。
テキストには「〜へと呼吸する」という説明があるのですが、例えば右足首に意識を向けるとき、その右足首で呼吸しているイメージを頭の中で思い浮かべるのです。
詳しくは検索していただくか、僕の気が向いた時に記録する記事をお待ちください。

その身体感覚マインドフルネスを実践してみると、あら不思議、胸を締め付けられるような苦しさがなくなり、ちょっと安定しました。


今日あった自分にとってよかった事3つ
  • 朝、身体がいつもより軽いように感じたこと
  • うつ状態にあったものの、身体感覚マインドフルネスを実践することで少し落ち着けたこと
  • Mさん、Oさん、ボンベのおじさん等いろんな人に励ましの言葉をいただけたこと

です。

明日はポジティブ心理学、家族(同居人)面談、禅・マインドフルネス、CSTと治療プログラムが盛りだくさん。
そして明後日は初の外泊訓練です。とにかく、「今日一日」をテーマにがんばります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください