平成最後のブログポスト

平成最後のブログポスト

なんと、今日は2019年3月31日。
今日で「平成」が終わってしまうではないか!ということで急いでブログポスト。


何を隠そう僕自身、実は平成元年生まれでして、いそぎ、あらためて平成ってどんな年間だったかなぁ、というのを振り返ってみたいと思います。

平成元年生まれはテンションが低い

平成元年生まれともなると、1989年、ドイツでベルリンの壁が崩壊、1990年にソビエト連邦が崩壊してロシアになりました。
物心がついた頃にはバブルは崩壊し、「うちは貧乏なの」と言われて育ってきました。
「平成の大不況」と呼ばれるほどの不景気が90年代から続き、高校を卒業したらリーマンショックが起きて、就職氷河期が到来。
大学で就職活動を始めようとすれば、東日本大震災が起きて、就職先に苦労した人も多いんじゃなかろうか。

大学でも「就職活動、本当に頑張らないとどこにもいけないぞ」と脅かされた人も多いのではないだろうか。

僕は奇跡的に就職できました。

しかし、その後も苦労に苦労を重ね、身体を壊したり、心を病んだりもしました。

もう本当にここ2,3年は試練の連続でした。

インターネットが普及したのも平成だった

そもそもインターネットが普及したのもこの平成でした。
小学校の「総合」の授業で初めてPCに触り、開いたWebサイトは「Yahoo!きっず」だった記憶があります。

携帯電話が普及し、今では持っていない人が珍しいくらいにまでなりました。

僕が初めて自分の名義で契約したインターネット回線もYahoo!!BBのADSL回線でした。
その後1年足らずで光回線に変えましたが・・・

Yahoo!,mixi,Google,Twitter,Facebook,Skype,LINEなどetcが生まれ、世の中が便利になる一方、
SNS疲れや、テキストメッセージのやり取りによる会話が増えていって、目に見えないストレスが余計に増えたのも事実だと思います。
僕はできれば昭和に生まれたかった・・・!

ブログも平成の産物

ブログもインターネットの普及とともに発展していきました。
それまでは紙の日記に自分の記録を書いていたものが、今度は世間に公表できるようになりました。
個人ブログでも広告を貼ることでわずかながらでも収入を得られるようになりました。
一方で著作権へ配慮や炎上の危惧などもしなければならない、というプレッシャー。

また、なにかについて語る時は情報の信憑性も気をつけなければ、と思う次第です。


次の年号では安定した良い年間にするぞ

平成の間はかなり苦しい期間が印象的。
特に怪我、病気、人の死。

人間なんてネガティビティバイアスを持っているので、普通は悪い事ばっかり覚えているものなんですが。

次の年号では、僕自身心身ともに健康に生きていく!!という目標を掲げ、それに向かってただ進むのみです。

次の元号になってもよろしくおねがいします!

信濃病院のベンチから