信濃病院最寄りの川、西沢川

東京のIT社畜がアル中になって入院してみた 信濃病院編20

さて久々に東京のIT社畜シリーズを書いてみます。信濃病院編も20記事目ですね。

ここのところ記事を更新していなかったのは、気分低調な状態が続いたため、とでも言っておきましょう。

と言っても2月後半のようなどん底状態にあったわけではなく、10~0段階でいうところの5付近の精神状態。


父を交えての家族面談

今回は彼女ではなく、肉親である父が先週この信濃病院までやってきました。
ギターを持ってきてくれると期待していましたが、どうやらそんなことは忘れ去られていたようです。

家族面談では、まず患者の家族が、臨床心理士と院長先生と面談。
その後、院長と家族、患者本人の三者面談という形になります。
院長先生と父の間で具体的にどんな会話があったかわかりませんが、入院一週間でいきなりスリップして以降、がんばっているという評価をしてくれたようです。

問題は、「退院後、酒を飲んだらどうするか」という点だったそうです。

「別に、酒を飲まずに普通に過ごせばいいじゃん」、としか考えていなかった僕にとってはあまり考慮していなかった点でした。
これには、確かに検討しておくべきことだと思いました。

退院して東京にもどれば酒の誘惑などは沢山あるし、つい衝動的に手が伸びてしまう可能性だってある。
その一杯で終わればいいが、アルコール依存症と診断されているからにはそうはいかないんだろうなぁ、、、と。
禁酒違反効果(詳しくは禁酒を破ると何が起きるか 禁酒違反効果(AVE)について解説してみる)が起きて、そのまま連続飲酒が再発する確率は85%。

予め手を打っておいた方がいいにこしたことはありません。
この件については東京医療センターの精神科を頼る方針に決めました。

東京医療センターの精神科にも小規模ながらアルコール治療プログラムがあるのと、担当してくださった杉原先生が信濃病院に入院しても電話してくるくらい気にかけてくれているという点からそう決めました。

TAPPY(Tokyo Medical Center Alcoholic Program with Physicians)という2週間程度の講義形式のアルコール依存症治療に向けたプログラムがあります。

家族面談後、気分低調に

なぜか分からないのですが、父とのLINEのやり取りのあとや、会話の後に気分が沈む傾向があります。
これは自分にも原因があると思うのです。おそらく、断酒してしばらく経ているために神経過敏になっているため、父の言葉によるプレッシャーに沈みがちになっているのです。
最近は自分もなるべく感情的にならないように努めています。

夜寝る前には仰臥禅(仰向けに寝て行う禅)、起きる時も仰臥禅をしたり、とりあえず、「落ち着く」をテーマに粛々と過ごしています。

クライマーK氏の退院

3/29に同じ病室で入院していたクライマーK氏が退院していきました。
彼は5年も断酒しているのに、冬になるとこの信濃病院に入院してくるようです。
彼は、ここ信濃病院に朝のラジオ体操の文化を作り、ときにはランニングし、ときには相談相手になってくれたりしました。
LINEのIDも交換したので、今後なにかあったら相談してみたいと思います。

K氏が去ってからというもの、なんとなく病院が静かになった気がします。

朝のラジオ体操、僕は朝弱いので参加してないですが、まだほそぼそと続いています。2,3名くらいで。

すべての治療プログラムが終了した

4月2日に、ここ信濃病院のアルコール依存症治療プログラムのすべての日程を完了しました。

やってきたのは

  • アルコール依存症からの回復ワークブック 50分×20回
  • CST(コーピング・スキル・トレーニング)50分×18回
  • ポジティブ心理学 50分×14回
  • 禅・マインドフルネス 50分×15回

来週の10日から退院計画について臨床心理士の方と面談が始まります。

午前・午後と1時間ずつ散歩するように

2月後半から3月後半にかけて、抑うつ状態が続いていましたが、ここのところは朝起きて、午前中にソシャゲをしたり動画を見たりしたあと、散歩に出かけるようにしています。午後も散歩にでかけます。
4月3日まではものすごい寒波で、結構寒かったですが、頑張って20分ずつでも外出するようにしていました。

木曜になると、気温も上がりようやく春、という感じが出てきました。
退院に向けて、体力も気力も徐々に徐々に回復させていきたいものです。

信濃病院最寄りの川、西沢川
川辺でウィルキンソン炭酸水とタバコをふかし、のんびりしたり。

Ruby on Rails5入門を完了

にて、自主的に勉強していたRuby on Rails5入門の動画を一通り終えました。
思えば4年前、うつ状態で会社を休職していたときもRuby on Railsを勉強していましたね。
その当時はRails4の時代でした。

Ruby on Rails5入門では簡単なブログアプリをサンプルに作るのですが、これをどうやって拡張してオリジナリティあるアプリにしていこうか、現在思案中。もしかしたらまたモールス信号アプリにするかも。
なにかいい案があればください。


明日から東京の自宅で外泊

退院までに、自宅での外泊訓練が必要だということで、明日から東京です。
2泊3日で、月曜の朝から愛用バイクFTR223で信濃病院まで戻ってくる予定です。
スリップしないように感情や行動のコントロールをしないとですね。
そこでの様子を見て退院の時期を判断したいと思っています。彼女にも相談した上で。
日曜には明大前で行われるAAに参加する予定です。

ただ、まあバイクで帰るのも天候と体調しだいなので、無理せず自宅でゆったりしたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください