モールス信号がつぶやけるTwitterクライアントアプリTwitMorse version1.8.3のリリース申請をしました

TwitMorseに文字カウンタ機能を追加Android

モールス信号がつぶやけるTwitterクライアントアプリTwitMorse version1.8.3をリリースします。
未だにAndroidアプリの方しかリリースしていませんが、いずれiOSも・・・と思ったものの、Android版での必要最低限な機能満たしてないのもあり、まだまだ先になりそうです。

が、待望の文字数カウント機能を追加したので、この度久々にリリース周知ポストを書いてみました。



つぶやき画面に文字カウンターをつけました

これからのTwitMorseのつぶやき投稿画面
これですね。Twitterの140文字制限の中でモールス信号化をすると一気に文字数が増えるのもあり、要望があった機能の一つです。

文字数を超えると下記のように赤く警告を出します。
自作AndroidTwitterクライアントアプリTwitMorseにTextWatcherを実装

これまでの実装記録

今回の文字カウンタ機能をつけるにあたり下記の記事も投稿しました。
これからTwitterクライアントを作るAndroidアプリエンジニアの参考にでもなれば嬉しいです。

TwitMorseのダウンロードは下記より

【Android】TwitMorse 〜モールス信号でつぶやこう〜

btn_googleplay_01chart

皆さん、タイムラインをモールス信号で埋め尽くしましょう!!


コメント

  1. […] 個人で開発しているような小さなアプリであれば、そんなに「デバッグ版」「ステージング版」「リリース版」と分ける必要もないかも知れませんが、この度、私が趣味と勉強のために開発・運用し続けているモールス信号が呟けるTwitterクライアント「TwitMorse」にバナー広告(Admob広告)を出してみる、という課題にチャレンジした際、debug版とrelease版を分ける必要が出てきてしまいました。そして、本番広告をテストするためにもstaging版も準備する必要がありました。 […]

タイトルとURLをコピーしました