【Android】アプリのアイコン素材、デザイナーじゃないけどかっこよくしたい【Asset Studioの紹介】

「アプリのアイコンを変更しました」リリースがあったじゃないですか。その時の記事はこちら
その時、どうやってアイコンを制作したかを一応紹介したいと思います。
デザイン苦手な自分がどうやってデザインするか、Android Asset Studioなるものを見つけたので紹介します。

Android Asset Studio

Android Asset StudioでTwitMorseの新アイコンを作りました。
アイコンを初め、内部で使うような画像ファイルを生成してくれる便利ツール

実際にアイコンを作ってみた

Lancher icon generatorを選択。
まず最初に「・ー」というテキストと背景を青色にした画像ファイルを生成、ダウンロード、その画像ファイルを使ってもう一度Lancher icon generatorに入れました。

色彩感覚がないので四苦八苦しましたが、Color Pickerを使ってRGB値をとるも、元画像との境界線は消えてくれず、ほぼ妥協でTwitMorseのアイコンは作られました。

TwitMorseのアイコンデザインをAndroid Asset Studioで
画像を入れて背景色を合わせようとしても微妙に画像の境界線が出てしまいました

ただ、これをつかえば
アイコン デザイン ガイドライン | Android Developers
に準拠したアイコンデザインが簡単にできるのでおすすめです。

他にも内部で使うような画像素材も生成できるツールのようですので、これからまた改修があって画像追加する際はこちらを使って、「それっぽい」デザインを実現していこうと思いました。


Android用画像素材はAndroid Asset Studioで行こう

デザインに自信のない個人アプリ開発者の皆さん。
これからはAndroid Asset Studioで行きましょう。

製作者のRoman Nurik氏に土下座で感謝しつつ、画像素材などを作りましょう。

参考資料

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください