【長野県】本当は誰にも教えたくない! 無料・予約不要の秘境 蛇石キャンプ場【辰野町】

今回紹介するキャンプ場は長野県辰野町にある、蛇石キャンプ場です。無料でありながら、屋根付きの炊事場と男女に分かれたトイレがあり、国天然記念物である、「蛇石」と自然を満喫できるキャンプ場となっています。

私は初めて訪れて以降、ほぼ毎年夏、ここでソロキャンプをします。



無料/予約不要!! 本当は誰にも教えたくないキャンプ場 蛇石キャンプ場

蛇石キャンプ場にてFTR223でソロキャンプ

蛇石キャンプ場にてFTR223でソロキャンプ

蛇石キャンプ場は長野県辰野町の横川渓谷に位置する無料のキャンプ場です。
私は毎年夏になるとここに一人で原付またはバイクに乗って、ここを拠点に野営します。

無料でありながら、トイレと水道設備が整備されており、あずまやまであります。
雨の日はあずまやの下にテントを張れば浸水の心配もないですし、これで「無料・予約不要」というのがすごいです。

リピーターも相当数いるものと思われ、野営好きにはたまらないキャンプ上となっています。
よく自分もここに二泊三日くらい野営するのですが、県内・県外から来られたリピーターさんとお話することが多いです。

直火は特に禁止されていませんが、火の始末はしっかりとお願いします!!こんな素敵なところが火事で燃えたらおじさんブチ切れます。

国指定天然記念物「蛇石」

国指定天然記念物「蛇石」

国指定天然記念物「蛇石」

蛇石は国天然記念物に指定されている粘板岩に変成岩の層が貫入してできた珍しい岩で、白いシマ模様が長々と川底に横たわっている様が大蛇のような姿に見えることから蛇石と呼ばれています。

キャンプ場から見下ろす横川という川に国指定天然記念物の「蛇石」が横たわっています。見た感じは「龍の骨!!」といった感じ。
特に立ち入りも禁止はされておらず、上に登ってみることもできます。岩場は大変滑りやすいので、川への転落、転倒によるケガの危険もありますので充分注意してください。また、蛇石を傷つけたりすることは決してないようにしてください。

すぐ下の川で釣りが楽しめる

蛇石キャンプ場の脇に流れる横川

蛇石キャンプ場の脇に流れる横川

すぐ脇に流れている横川で、渓流釣りを楽しむことができます。
数年に一度の割合で、地元の漁業組合がイワナやヤマメを放流してくださっています。

釣りを楽しみたい場合は、遊漁券(日釣り1100円,年券6600円)をお買い求めください。

横川渓谷の遊漁券はお近くのセブンイレブンで買うことができますし、蛇石キャンプ場に至る道すがらで、「釣り券」「遊漁証」と書かれたのぼりがある店舗や個人宅で購入することができます(ただし日釣り券のみ)。

なお、この地域の遊漁券販売店が一覧できる組合ブログがありましたので紹介しておきます

イワナ、ヤマメを釣ってキャンプファイヤーで焼いて食す!!

横川で釣れたイワナ

横川で釣れたイワナ

ここではイワナ、ヤマメの他にカジカ、アブラハヤも釣れます。
餌は現地調達のカワムシか、市販されているブドウ虫で釣れました。

残念ながら画像が見つかりませんでしたが、私は過去にここで40センチはあろうかというヤマメが釣ったことがあります。
3.6メートルの延べ竿で、ものすごいファイティングでした。

川幅が狭く、木々も生い茂っているため、4.5メートル前後の延べ竿が一番扱いやすいです。それ以上になると木に引っかかって難儀します。。。実際、竿を折ってしまったことがあります。

その時の記事が以下です。

釣ったイワナやヤマメは、その日の貴重な食料になります。塩焼きにして食べます。

地元のスーパーで買った野菜と横川で釣れたイワナを食す

地元のスーパーで買った野菜と釣れたイワナを食す

キャンプファイヤーでイワナの塩焼き

キャンプファイヤーでイワナの塩焼き

自分で釣った魚をその場で捌いて、塩焼きにして食べるのは何故こんなに美味しいのか・・・と思います。イワナ・ヤマメは身に臭みがなく、身もしっかりしていて美味しいです!!内蔵以外は頭から全部食べることができます!!

蛇石キャンプ場で採れたイワナを塩焼きにして食す

少し焦げたけど、横川で釣れたイワナの塩焼きです。


他に釣れた魚

  • アブラハヤ
    横川で釣れたアブラハヤ

    横川で釣れたアブラハヤ

  • カジカ

    絶滅危惧種であるカジカ

    絶滅危惧種であるカジカ、リリースします

  • イワナ

    横川で釣れた20センチ程度あるイワナ

    横川で釣れた20センチ程度あるイワナ

  • ヤマメ

・・・は、なぜか画像が見つからない・・・が釣れます!!

キノコなどは豊富ですが、採りません

蛇石キャンプ場ではキノコ類も豊富に見られます。ただ、私は毒が怖いので食べません。いつか挑戦してみたいとは思っていますが・・・
玄人でも毒キノコを誤食して死亡するケースもあるので、食べる場合は自己責任でお願いします。


なんという種類か分からないが、危険そうなキノコ

蛇石キャンプ場付近に生えたムラサキホウキタケ

蛇石キャンプ場付近に生えたムラサキホウキタケ

ムラサキホウキタケは食べられるらしいが、似た種類のコホウキタケは猛毒だったりする。

有名な毒キノコ ベニテングタケ

有名な毒キノコ ベニテングタケ

ベニテングタケは有名な毒キノコです。

このような感じで結構野生のキノコがみられます。キノコマイスター求む。

クマ、サルなどの野生動物に注意!!

このキャンプ場、無料で予約不要な分、結構なリピーターが多いようですが、中には「クマと遭遇!!」なんていうブログもあったりするので気をつけてください。
特に残飯などを外に放置したりすると、その匂いにつられてクマが出てくる可能性があります。

また、付近にはニホンザルの集団が住んでいたりします。むやみに残飯を放置したり、餌付けをしないようにしましょう。
ニホンザルとはいえ、噛まれるなどの被害も考えられます。
他にもイノシシ、シカ等も生息していることが考えられますので、下手に刺激しないように注意しましょう。

蛇石キャンプ場をねぐらに周囲の自然やお祭りを楽しむ

ホタルの里として有名な辰野町

長野県辰野町は「ホタルの里」としても有名です。
蛇石キャンプ場付近にも野生のホタルがちらほら出てくることがあります。

毎年6月にホタル祭りが開催され、全国から訪れる方が集まります。
もうシーズン終わってしまいましたが、6月の中盤はホタルがよく見られます。ホタルの里では500円(中学生以上)でホタルの群生を観察するイベントがあります。以前一度参加してみましたが、かなりのお客さんが県内・県外から集まって初夏の風物詩を楽しんでいました。

かやぶきの館で温泉に入れます

かやぶきの館にあるキャラ

ご当地キャラかな?かわいい

蛇石キャンプ場をねぐらにするなら、温泉はグリーンビレッジ・かやぶきの館がありますので、そこで温泉や食事を楽しむことができます。
横川渓谷の真ん中らへんに位置しております。

過去に訪れた時の記事が以下です。

ゴミを必ず持ち帰ってください!!

この蛇石キャンプ場は無料で予約不要な分、リピーターが多いです。私もほぼ毎年行きます。
ですが、残念ながらマナーを守らない利用者もいるようで、金網やプラスチック製のフォーク、ブルーシートなどが茂みに捨ててあったりして非常に悲しい思いをします。私は貧乏ソロキャンパーで道具を現地調達する事がありますが、ここは特に金網の放置が多い印象。

使えなくなった金網類含む、ゴミはキチンと持ち帰ってくださいますように、お願いします!!最低限のマナーだと思っていますが、やっぱり毎年ゴミがある。

無料で、かつ予約不要で国天然記念物「蛇石」が見られる上に、自然豊かなこの「蛇石キャンプ場」。
一生をかけて大事にしていきたいものです。

周辺地図

参考資料


コメント

タイトルとURLをコピーしました