JetpackでTwitter共有するとTwitterカードにならないのでIFTTTに一本化

以前にも何度か書きましたが、WordPressの有名プラグインであるJetpackで、Twitter共有機能を今まで使っていました。
ですが、こいつでTwitter自動共有されると、Twitterカード形式のTwitter投稿にならない・・・という問題と以前から戦ってきました。

Twitterカードというと以下のような投稿になります。

IFTTTによるTwitterカード投稿

これがTwitterカードなるものです。


Jetpack Twitter共有機能と戦いの歴史

と、このような感じでJetpackによるTwitter共有機能とは何度も戦ってきたのですが、全然Twitterカード投稿になる気配がなく、この際IFTTTに一度一本化してみようと思いました。

Jetpackの自動Twitter共有機能だと

JetpackによるTwitter共有

このような感じで、「いいね」はされてるんですがWebサイトまでは誘導出来ていないという説が私の中で濃厚になってまいりました。
そこで以前やった

IFTTTでWordPress投稿→TwitterでTwitterカードを投稿する

というものに一本化しよう、という試みを始めてみたいと思います。

自動Twitter共有をIFTTTに一本化する実験

IFTTTとは”If this then that”というように「もし、〜したら〜する」といったサービスで、
例えば「Instagramに投稿したら、Facebookにも投稿する」とか、「WordPressに投稿したらTwitterにも投稿する」といった感じで、各Webサービス間の連携用のプラットフォームです。

詳しくは「IFTTTでWordPress投稿→TwitterでTwitterカードを投稿する」にて、設定方法を解説していますので参考にしてみてください。
JetpackでTwitterカード投稿できた時期もあったりはしたのですが、プラグインアップデートが悪いのか、テーマとの相性が悪いのか原因ははっきりしません。。。

が・・・・

Jetpackで自動共有→その後IFTTTが自動共有する

という二重の共有運用になっていたのでそれもさすがにうざかろうかと。

ということで今日から暫くIFTTT一本で、投稿の自動共有する運用に切り替えてみたいと思います。
IFTTTでまだ複数のTwitterアカウントを運用する方法は分かっていないですが(もしかしたら1アカウントでできないかも、ですが)、複数のTwitterアカウントが使えるといいな、と思います。また調査してみます。

今日のネタはここまで。


コメント

タイトルとURLをコピーしました