10月31日鶴見川・大綱橋下でハゼを釣って天ぷらにする

先日、近所の鶴見川でハゼが釣れることがわかったので、今度はもっと自宅近くのポイントで釣れるかどうかを実験してみました。
大綱橋の下で何の魚が釣れるか挑戦です。



13:30 現地で餌採集

午前中に用事を終わらせて、午後は完全に暇。
現地まで行ってとりあえずスコップでミミズを採集。
意外と発見に時間がかかるのでストックしたいが、自宅に冷蔵庫がないためしばらくは現地採集です。。

14:00 アタック開始

今回は前回の反省を活かし、4.5mの延べ竿ではなく3.9mの渓流用延べ竿でアタック。
仕掛けは前回作った沈ませウキの仕掛けで勝負です。餌は現地のミミズ。

第一投、いきなりアタリあり、沈んだウキがあっちへ、こっちへ不審な動き。

ヒョイっと軽く竿を回すと、ガッと来る感覚あり。引きが強い、一瞬大物かと思う。

釣れたのは15cmほどのマハゼ。

17センチほどのマハゼ

なんと画像がないので、前回撮影したマハゼの画像でごまかす。

この日はこの後ずっと竿を振り続けるもアタリなし。

現地で先に釣りをしていた人曰く、「先日の土日で釣り納めする人たちが大量に釣っていったので、まだハゼがついていない」ということ。

おじいさん達も15:00過ぎた大潮の時間に帰り始めたので自分も帰宅。


前回の反省を活かし、卵を使って天ぷら

前回の記事(10月末の鶴見川でハゼ釣りをして食す)の失敗、卵代をケチったことでただの素揚げになってしまったのが心残りだったので、釣果は一尾だけど卵を買うことにした。
近所のドラッグストアで100円もしない卵6個パックを購入して帰宅。

さっそくさばく。一尾しかいないので二枚おろしには挑戦せず、ハラワタだけ抜いてウロコをとりました。
卵で小麦粉を溶いて衣をつくります。

IHクッキングヒーターが天ぷらには微妙でしたが、なんとか完成。
ベランダで栽培しているバジルを添え、塩をふって盛り付け。

一尾しかいないけどハゼの天ぷら

なんともわびしいが、これがこの日の僕の唯一の食料と思って食す。

うまい。
やっぱり身が柔らかい。骨もそんなに固くないのでボリボリと食える。
やっぱり天ぷらはシンプルに塩です。


もっと釣れてお金に余裕ができたらいろんなバリエーションに挑戦したい。

ポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました