【Rails製】Webアプリ「渇望記録」の紹介【開発中】

入院中はとにかく暇でした。慢性膵炎、アルコール使用障害。入院は半年にも及び、その後も入退院を繰り返す本物のアルコホーリックでした。
ただ、腐ってもITエンジニアでいたいと思って、Ruby on RailsというWeb開発フレームワークの勉強をしたのです。
ドットインストールで基本的な事を学んで、そこから「じゃあオリジナルなWebアプリつくってみよう」ってことで始めました。
そうしてできたのが「渇望記録」。主に、アルコール、ギャンブル、タバコなどの依存症治療のために、渇望を記録するアプリです。


渇望記録(desire-record)とは

Rails製渇望記録

Railsで開発中「渇望記録」
デザインは後回しにしている

主に、アルコール、ギャンブル、薬物、タバコを辞めようとしていて、そんな依存物質などをやりたくなった時間帯の記録をしていくWebアプリとなっています。

Ruby on Rails製です。
今の所deviseというgemでメールアドレスでユーザー管理をできるようにしています。

カレンダーがあって、日付ごとに、1時間ごとに記録が取れるわけなんですが、例えば僕のようなアルコホーリックだったら「どの時間帯に、何の活動をしていて、飲酒欲求が出たか、そしてその時どう考えていたのか」を記録することができます。

開発しようと思ったキッカケ

僕がまだアルコホーリックで信濃病院に入院していた頃、入院中の再飲酒が頻発したことがキッカケで、病院の臨床心理士さんに

「一時間毎に飲酒欲求、渇望の記録をつけていきましょう」

と提案され、それを専用の用紙に記録し始めたのがキッカケです。

その時僕は「これ、そういう記録サービスがあれば用紙いらないし、退院後も使えるのでは」と思い、入門したてホヤホヤのRailsの知識でガリガリっとつくってみた次第です。

Rails製渇望記録アプリ

人生初のRails製オリジナルWebアプリ

一般の人に「アプリ」というと、スマートフォンのアプリを思い浮かべる方が多いと思いますが、「Webアプリ」「Webアプリケーション」は一般的にいうと「Webサイト」「Webサービス」という意味になります。スマホやPCのブラウザ(Chrome,safari,Internet exproler,Edgeなど)からアクセスして利用できる、何らかのフレームワークによって作られたサイトは「Webアプリ」と呼ぶのがIT業界では一般的です。

この「渇望記録」もそんなWebアプリの一つです。

ドットインストールとういサイトでRubyとRuby on Railsについて一通り入門した後に、自主開発してみたものなのでクオリティは残念な状態です。


一緒に作ってくれる仲間がほしい

「渇望記録」はまだまだ開発段階です。また、仕様もまだ固まりきっていませんが、雛形だけは開発できています。
最近になって同じアルコホーリックで同じ病院に入院していた仲間が開発にジョインしてくれましたが、いかんせんお互いRailsに関しては素人に毛が生えた程度の知識しかありません。

僕は仲間が作ったSlackでやり取りしながら、docker化を進めています。docker触るの久々でまだうまく行ってないけど・・・。゚。゚(゚´Д`゚)゚。

同じアディクションを抱えた人間が開発したほうが、患者/依存症本人にとって使いやすいWebサービスになるんじゃないかな、と思っています。

まあ、世の中に刺さるか刺さらないかは別にして、Ruby on Railsの経験を積みたい!フロントエンドかっこよくしたい!といった仲間がほしいです。

僕は「TwitMorse ~モールス信号でつぶやこう、誰かがあなたのSOSにこたえてくれる~」のAndroid版とiOS版の保守開発運用と、このWordPressブログの運用とRails製渇望記録の開発を一人でやっていたので、さすがに毎日全部は見きれません。

日々の生活もあるし、3月から社会復帰ですし・・・。

ユーザーやテスターも仲間にしたい

もちろんIT系の技術知識がない人でも、何かしらできると思っています。営業、デザイン、テスト、ユーザーレビューなど。
できる事はたくさんあると思います。何も知識がない人じゃないと気づかないバグやユーザビリティって絶対あるので。
(特に僕らエンジニアはデザインに関して知識皆無なのでデザイナーはめっちゃきてほしいw)

いつか、この渇望記録を世に公開して、運用していければ、と考えています。その時はアドセンス広告くらいは貼るでしょう。その収益はAAなどの献金に回したいですね。

もし興味を持たれたらTwitterやこのブログのコメントで声がけしてください。

参考資料


コメント

タイトルとURLをコピーしました