【横浜市】歴史深い知る人ぞ知る城 獅子ヶ谷城跡【港北区】

前回の、【横浜市】未発掘の近所の城跡 大曽根城跡【港北区】に続き、またGoogleマップで城跡を見つけたので攻城してまいりました。
それも平安時代から続く城のようで、Webで資料を探すとものすごい歴史が深く、いろんな伝説の残る城跡であることが分かってきました。詳しい解説は参考資料に任せるとして、自分でも軽くですが獅子ヶ谷城について紹介します。



歴史が深い城跡 獅子ヶ谷城

獅子ヶ谷城跡

現場にはここに城があったという記述は一切ございません。
代わりにみその公園横溝屋敷という公園の一部として整備されていて、
城跡と思われるところには平場があります。ここが本丸だったのかな?

横溝屋敷には江戸時代末期の家屋や農具などが改修・展示されています。蚕小屋などもあるようでしたが自分は興味わかずスルー。

歴史は古く、平安時代からあった山城

獅子ヶ谷城 非常に歴史が深い横浜の古城 | 城旅人700によれば獅子ヶ谷城はあったようで、平安時代の武将・師岡重経(もろおか しげつね)に行きつくそうです。ただし、この師岡重経さん、勝手に(?)朝廷の兵衛尉に任官してしまい、かの有名な源頼朝公の怒りを買いました

そこで所領没収。その後武蔵の実権は畠山重忠(はたけやま しげただ)が握りました。

なので此のあたりの地名は「師岡」となっています。

さて、その後獅子ヶ谷城はどうなったかというと、、、鎌倉御家人の武藤頼平(むとう よりひら)が新たな領主となっていたと推測されます。その武藤氏は子々孫々と勢力を強め、太宰府の責任者にまで上り詰めます。

なお、横溝家には獅子ヶ谷城を御薗城と呼び、かつて御薗氏の居城だったという伝承があるようですが、この御薗家(みその)に関しては、調べてみても、何もわかりませんでした。
平安時代より前と言う古い時代の人物なのかも知れません。

獅子ヶ谷城 非常に歴史が深い横浜の古城 | 城旅人700 より

※この記事はほとんど城旅人700からの引用です。

戦国時代

戦国時代になると師岡郷を支配していたのは小田切光猶(おだぎり みつなお・てるなお)という武将で、その後、信濃国佐久郡小田切村の土豪となり、武田信玄の家臣となったようです。

ここがどういう経緯でそうなったのかは疑問ですが、Webの資料にはそのような記述があります。

この横浜市港北区の一帯は1400年代〜1500年代前半にかけて扇谷上杉家と山内上杉家が戦い争った土地だそうです。そのため、小田切氏はこの城を守っていたものの、両上杉家の戦いの最中に信濃の佐久に落ち延び、そこで土豪となったのではないでしょうか?
そうして武田信玄の家臣となったので、小田切光猶さんはある意味波乱万丈な人生を送ったのかもしれません。

小田切光信(小田切善兵街光信)が1542年の大門峠の戦いにて討死したとある他、寬政重修諸家譜によると長篠の戦いにて、小田切光季が討死しました。
武田勝頼が自刃して武田家が滅ぶと、小田切光季の子・小田切光猶が1586年に徳川家康に仕えます。
そして、慶長二年(1597年)に、相模国橘樹郡にて所領150石となりました。
この時、獅子ヶ谷城の麓に、居館を設けたと考えられます。

1607年に、小田切美作守が江戸城下に移る際、屋敷地の一部が地元の名主・横溝五郎兵衛に譲られたとされ、横溝家は17代を数えて今に至っています。
その横溝屋敷が「みその公園」として整備され無料公開されています。

獅子ヶ谷城 非常に歴史が深い横浜の古城 | 城旅人700 より

これがその横溝屋敷 みその公園

正攻法ルートはこの裏の登山道から獅子ヶ谷城跡までを登るルートです。

ここまで書いていて思ったけど、此の城、戦いに関する記述が少ない。。。


実際の攻城

例の通りGoogleマップの指示通りに行くと、またけもの道からのスタートです。しかし、今回は斜面登ってすぐに整備された登山道があったので難なく攻城できました。

獅子ヶ谷城本丸に続く登山道

こんな感じで、ちゃんと登山道が整備されていますので楽に登れます。

獅子ヶ谷城本丸?

登山道を登り切ると、公園として整備された本丸であったであろう台地にたどり着きます。

獅子ヶ谷市民の森の看板

獅子ヶ谷市民の森の看板。ここがかつて城だった事はどこにも触れていない・・・。
が、ここに城があった理由が分かる景色が出てくる。

獅子ヶ谷城から北方を眺める

眺めがすばらしい
画像には写ってませんが、左側には先日取材した大曽根城があります。ここから大曽根城が見えたのだと思います。

戦時はここからだと鶴見川より北方に睨みを効かせることができる。また近くには綱島街道が走っており、鎌倉までの交通も便利だったことから防衛拠点としては機能しやすかったのかな、と推測します。

人工的に盛られたであろう二段の櫓あと?
下山中に見つけたのですが、これは城郭の一部では?と思われる段々の平場があった。


みその公園 横溝屋敷はみどころです

江戸時代末期に造られた茅ぶき屋根の長屋門・主庵など5棟の建物をそのまま修復した建物が見られます。
当時の農村生活を物語る品々を展示している。
見学無料です。

横溝屋敷に展示されている農具
横溝屋敷に展示されている農具たち

あと、謎の横穴・・・

結構キレイに整備された公園です。城に興味なくとも、江戸時代末期の文化に興味がある方は楽しめると思います。死後になりつつありますが、インスタ映えしそうです。僕が訪れた時には結婚式用の写真撮影をしている夫婦?とカメラマンがおりました。
そんな事もできるロケーションみたいです。

以上、自宅から徒歩30分圏内の城跡「獅子ヶ谷城跡」の攻城戦記でした。

参考資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました