【自給】アジの刺身とノゲシの塩煮添えを食した【自足】

前回の記事(【アジ釣り】横浜で人生初の船釣りをした話【初心者】)で話しました通り、アジの調理をしました。そして、都会のそこかしこで見かけるノゲシを採取して、煮込んで刺し身に添えて食べてみました。

これをコンスタントに毎日続けられたら食費がかからないのになぁ、と思う次第。



アジを三枚卸しにする

釣った後に首からハサミを入れて、海水につけ、血抜きをしておきましょう。でないと味が変わるそうです。

捌き方の手順(三枚おろし)

字面にすると、ちょっと手順は長いですが、やり方は簡単です!

  1. まず、鱗を削ぎ落とす。臭みが消えます。
  2. 頭を落とす。この時、ヒレと一緒に落とすと捌きやすくなります。
    1. ヒレはトゲがあって痛いのです。
    2. 気になる人は軍手を着用して調理する事をおすすめします。
  3. 腹からナイフ(または包丁)を入れ、尻ビレまで切る。
  4. ハラワタを抜き取り、水でよく洗う。
    1. この時、中に溜まった黒い血溜まり(血合い)を掻き出す。
    2. うまく取れない場合はナイフで削ぎ落とす。
  5. 背中からナイフを入れ、背骨付近から切っていく。
    1. 骨があるのでナイフを上下しながら切っていくと切りやすい。
    2. ヒレに注意。痛いので先に切り落としておくと吉。
  6. 1枚切り落とせたら裏返し、同じ要領で背骨に沿ってナイフを入れる。
    1. 尾の方までしっかりと身をそぎ取りましょう。
  7. 三枚おろしの完成。
  8. 卸した身に小骨がついているのでナイフで削ぎ落とす。
  9. 最後に、アジの皮を手でむきましょう。臭みがなくなります。
  10. 適当な大きさに切っていって刺し身の完成!!


添え物のノゲシを調理する

ノゲシ

黄色い花とギザギザの葉が特徴

町中でよく見かけませんか?実はこいつ、食べるとほうれん草のような味がするのです。無限に取れるので自給自足にはもってこい。

ノゲシの調理方法は、【大都会東京に咲く】春のノゲシを煮込んで食べてみた【雑草を食す】にも紹介していますが、ここでもざっと紹介します。

ノゲシの塩煮込み

こちらはアジの三枚おろしより簡単です。

  1. ノゲシの葉を水でよく洗う
  2. 鍋に水を張り、塩を加えて、ノゲシをぶちこむ、加熱
  3. 沸騰したら4~6分ほど煮込む
    1. 何分煮込むかのベストプラクティスは模索中
    2. ノゲシが変色し始めたら火を切る
  4. ザルにあけて水で冷やす
  5. 完成

完成!アジの刺し身とノゲシの塩煮込み添え

こちらが完成の一品

どちらも醤油があればすべて美味しく食べられるとてもリーズナブルなお料理となっています。
20cmの大きめのアジ一尾でこれだけの身が取れます。

お酒は飲めないので炭酸水を飲みます。


感想

うまい

の一言に付きます。
アジには皮をむいた分、魚独特の臭みがなく、市販されているアジ刺し身と変わらない美味しさです。
(ただ、大量に釣れたため、6尾さばくのに時間がかかりました)

市販やお店で出てくるアジの刺し身より、なぜ自分で釣った魚の料理はうまいのでしょうか。それはその獲物を取る時の苦労が報われたという古代から続く人間のDNAに刻まれているのでしょうか。

この現象に名前はあるのでしょうか。

また、ノゲシもほうれん草の味と変わりなく、醤油だけでぺろりと食べれてしまいました。
東京でも横浜でも今の時期、町中のどこでも咲いているのですぐに採れる良い野草です。
ただし、排ガスや犬猫の小便の懸念もあるので、煮汁だけは絶対に口にしないでください

このノゲシ煮込みの簡単さが世間にバレてノゲシがなくなるようなことがないことを願うばかりです。

ちなみに卸したアジの骨身は干物にしようとしたが・・・

アジの骨身も残さず楽しみたいので干物にすることにしました。

  1. 10%ほどの塩水に1時間漬ける
  2. 1時間つけたら、キッチンペーパーで水気を取る
  3. ザルに入れて干す
  4. ベランダで天日干しにする(1夜で充分らしい)

ということで、クックパ○ドを参考にベランダに干してみました。

。。。

・・・が!!!!!

翌朝の悲劇 カラスに全部食われる

次の日の朝、起きてからパソコンをカチャカチャして、「さあ干物はどうかな」とベランダに目をやった瞬間

8尾干してあったアジの骨身干物が全部ない。。。

そう、全部カラスに食われていたのです。

地面に残されたアジの尻尾が虚しく風に吹かれていきました・・・。

なので、次回は網カゴを買って干物にチャレンジしたいと思います。

以上、【アジ釣り】横浜で人生初の船釣りをした話【初心者】の続編「【自給】アジの刺身とノゲシの塩煮添えを食した【自足】」でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました