「TwitMorse」カテゴリーアーカイブ

自作アプリTwitMorseに関する記事

Android Asset StudioでTwitMorseの新アイコンを作りました。

【Android】アプリのアイコン素材、デザイナーじゃないけどかっこよくしたい【Asset Studioの紹介】

「アプリのアイコンを変更しました」リリースがあったじゃないですか。その時の記事はこちら
その時、どうやってアイコンを制作したかを一応紹介したいと思います。
デザイン苦手な自分がどうやってデザインするか、Android Asset Studioなるものを見つけたので紹介します。

続きを読む 【Android】アプリのアイコン素材、デザイナーじゃないけどかっこよくしたい【Asset Studioの紹介】

TwitMorse新アイコンデザイン

TwitMorse アイコンデザイン変更のリリース

この度、自作TwitterクライアントTwitMorseのアイコンを変更することにしました。

理由としては、

です。Google Play アイコンのデザイン仕様 | Android Developersのアナウンスメントがなければアイコン変更をすることはなかったと思うのですが、せっかく周知されているし、そろそろアイコンも変えよう、ということで不具合対応を含めversion 1.8.5をリリースしました。

続きを読む TwitMorse アイコンデザイン変更のリリース

TwitMorse 〜モールス信号でつぶやこう〜

モールス信号が呟けるTwitterクライアント、TwitMorse バージョン1.8.4がリリースされました 〜ついに広告表示〜

思い出せば2015年、Androidアプリ開発の勉強をちゃんとして、自分がほしいと思ったものを作ろう!と意気込み、
ノリと勢いとアイディアで作った自作アプリTwitMorse

ときどき暇を見つけては機能改修して、Googleから新機能が発表されれば職場で開発する前に自分のアプリに取り込んでみて、勉強して、時には放置したりしました。
続きを読む モールス信号が呟けるTwitterクライアント、TwitMorse バージョン1.8.4がリリースされました 〜ついに広告表示〜

この度個人開発アプリTwitMorseのヘルプ画面にAdmob広告を追加した

【Android開発】staging用にstorePasswordなどをセキュアに保つ方法

Androidアプリ開発に限らずなのですが、ステージング環境といって、本番環境に限りなく近いテストアプリ(またはAPI)を作ることが仕事上あると思います。

個人で開発しているような小さなアプリであれば、そんなに「デバッグ版」「ステージング版」「リリース版」と分ける必要もないかも知れませんが、この度、私が趣味と勉強のために開発・運用し続けているモールス信号が呟けるTwitterクライアント「TwitMorse」にバナー広告(Admob広告)を出してみる、という課題にチャレンジした際、debug版とrelease版を分ける必要が出てきてしまいました。そして、本番広告をテストするためにもstaging版も準備する必要がありました。

続きを読む 【Android開発】staging用にstorePasswordなどをセキュアに保つ方法

AndroidStudioにおけるビルドバリアントの場所

【Android】今更知るgradle.propertiesの便利な使い方【個人開発】

令和最初のpostとしてはまず今日知ったことを書きたいと思います。
Androidアプリ開発をしていて、app.gradle(またはbuild.gradle)はよく目を通します。
例えばGoogleのsupport libraries群の更新などがあった場合や新しいライブラリをgradleというシステムで管理し、変更を加えたりします。


続きを読む 【Android】今更知るgradle.propertiesの便利な使い方【個人開発】

TwitMorseに文字カウンタ機能を追加

モールス信号がつぶやけるTwitterクライアントアプリTwitMorse version1.8.3のリリース申請をしました

モールス信号がつぶやけるTwitterクライアントアプリTwitMorse version1.8.3をリリースします。
未だにAndroidアプリの方しかリリースしていませんが、いずれiOSも・・・と思ったものの、Android版での必要最低限な機能満たしてないのもあり、まだまだ先になりそうです。

が、待望の文字数カウント機能を追加したので、この度久々にリリース周知ポストを書いてみました。

続きを読む モールス信号がつぶやけるTwitterクライアントアプリTwitMorse version1.8.3のリリース申請をしました

これからのTwitMorseのつぶやき投稿画面

【Android】TextWatcherで入力文字数をカウントする機能追加【kotlin】

自作TwitterクライアントアプリTwitMorse 〜モールス信号でつぶやこう〜に新規機能を追加しました。

それも文字数カウント機能。

AndroidではTextWatcherなるものを使って入力文字数の変化を取得できます。
続きを読む 【Android】TextWatcherで入力文字数をカウントする機能追加【kotlin】

非推奨になったProgressDialog

【Android】DeprecatedのProgressDialogを倒してProgressBarを実装した話【kotlin】

Androidアプリを書いている人は既に既知の問題だとは思いますが、API26にてProgressDialogがDeprecatedになりました。

This class was deprecated in API level 26.
ProgressDialog is a modal dialog, which prevents the user from interacting with the app. Instead of using this class, you should use a progress indicator like ProgressBar, which can be embedded in your app’s UI. Alternatively, you can use a notification to inform the user of the task’s progress.

雑に和訳すると「ProgressDialogはユーザーのインタラクションを阻害するので、代わりにProgressBarなどのインジケーターで進捗をユーザーに伝えるようにしましょう」とのこと。

代わりのProgressBarがこちら

【自作Twitter】TwitMorse version1.8.0リリース!!【クライアント】

2015年からAndroidアプリ開発の勉強用に作り始めた自作Twitterクライアント「TwitMorse

このTwitterクライアントアプリの特徴はひらがな、カタカナをモールス符号に変換できる点にあります。

くわしくはPlay Googleのアプリの情報をご参照ください。

続きを読む 【自作Twitter】TwitMorse version1.8.0リリース!!【クライアント】

【Android】ListViewのheadに別レイアウトを差し込む方法【kotlin】

昨日、自作Androidアプリ「TwitMorse」の改修を行ったのでその時のメモ
ユーザーさんから指摘されていたユーザープロフィール画面の問題。

ユーザー情報が多いと該当ユーザーのTweet一覧が見れないという問題があった。
小さい画面を持つ端末であれば致命的な問題だった。

続きを読む 【Android】ListViewのheadに別レイアウトを差し込む方法【kotlin】

Android KotlinでNavigationDrawerを実装する

やりたかったこと

あの、横からスッと出てくるメニュー。NavigationDrawerといいます。いろんなアプリでよく見かけます。

続きを読む Android KotlinでNavigationDrawerを実装する

自作AndroidアプリをJavaからKotlinに書き換えた時にハマったこと

ついに自作アプリTwitMorseもJavaからKotlinに移行しました。入院中、安静を申し付けられていて暇だったのもあり・・・

続きを読む 自作AndroidアプリをJavaからKotlinに書き換えた時にハマったこと

JavaのMatcher.find()とMatcher.reset()を組み合わせて使う

自作アプリの保守開発をしていた。

TwitMorse ~モールス信号でつぶやこう~

その機能の仕様として、モールス信号化された文字列の中に漢字があるとそれを無視して、モールス信号→カタカナに変換する状態になっていた。
その状態をなんとかしようと先日立ち上がって、アレコレ格闘した。

問題は解決して、無事リリースしたと思いきや・・・

今度は「漢字を含まないモールス信号を復号化できない」というバグが起きた。

そのバグ改修をしていて、JavaのMatcherクラスにある特性があることに気づいたので備忘録と自戒として残すことにした。

続きを読む JavaのMatcher.find()とMatcher.reset()を組み合わせて使う

Android Studio3系でJava8の機能を使いたい

自作AndroidアプリTwitMorseの改修でJava8の機能を使いたいと思った。
続きを読む Android Studio3系でJava8の機能を使いたい

個人開発Androidアプリのgradleのバージョンを2.3.1から3.1.2へのアップデート対応記録

個人学習がてらに公開しているAndroidアプリ TwitMorse のgradle3系対応を行ったのでその時の対応を記す。

続きを読む 個人開発Androidアプリのgradleのバージョンを2.3.1から3.1.2へのアップデート対応記録