TwitMorse

1/2ページ

モールス信号について語る 〜モールス信号の誕生秘話〜

モールス信号がつぶやけるTwitterクライアント「TwitMorse」(Androidアプリ)をリリースしてから4年が経過しようとしています。自分でも驚きます。 ユーザー数もジワリジワリと増えて、最近は60人前後のインストールユーザーがいるらしい、という事までGoogle Play consoleという開発者専用の管理画面でわかっています。

TwitMorse アイコンデザイン変更のリリース

この度、自作TwitterクライアントTwitMorseのアイコンを変更することにしました。 理由としては、 Googleから新アイコンのデザインガイドラインが示された事 詳細はGoogle Play アイコンのデザイン仕様 | Android Developers もともとのアイコンは4年前に適当に作ったやつだったから ちょっと見た目をかっこよくしてみたかったから です。Google Play […]

【Android】今更知るgradle.propertiesの便利な使い方【個人開発】

令和最初のpostとしてはまず今日知ったことを書きたいと思います。 Androidアプリ開発をしていて、app.gradle(またはbuild.gradle)はよく目を通します。 例えばGoogleのsupport libraries群の更新などがあった場合や新しいライブラリをgradleというシステムで管理し、変更を加えたりします。

モールス信号がつぶやけるTwitterクライアントアプリTwitMorse version1.8.3のリリース申請をしました

モールス信号がつぶやけるTwitterクライアントアプリTwitMorse version1.8.3をリリースします。 未だにAndroidアプリの方しかリリースしていませんが、いずれiOSも・・・と思ったものの、Android版での必要最低限な機能満たしてないのもあり、まだまだ先になりそうです。 が、待望の文字数カウント機能を追加したので、この度久々にリリース周知ポストを書いてみました。

【Android】ListViewのheadに別レイアウトを差し込む方法【kotlin】

昨日、自作Androidアプリ「TwitMorse」の改修を行ったのでその時のメモ ユーザーさんから指摘されていたユーザープロフィール画面の問題。 ユーザー情報が多いと該当ユーザーのTweet一覧が見れないという問題があった。 小さい画面を持つ端末であれば致命的な問題だった。

JavaのMatcher.find()とMatcher.reset()を組み合わせて使う

自作アプリの保守開発をしていた。 TwitMorse ~モールス信号でつぶやこう~ その機能の仕様として、モールス信号化された文字列の中に漢字があるとそれを無視して、モールス信号→カタカナに変換する状態になっていた。 その状態をなんとかしようと先日立ち上がって、アレコレ格闘した。 問題は解決して、無事リリースしたと思いきや・・・ 今度は「漢字を含まないモールス信号を復号化できない」というバグが起き […]

【個人アプリ】TwitMorseのタスク管理にbitbucketのBoards機能を使ってみる【管理ツール】

さすがに半年も開発現場から離れていると、いろんなプロジェクト管理ツールが出てきていたり、使っていた管理ツールに新機能ができていたりでとても戸惑います。有名なプロジェクト管理ツールだと、redmine,zilla,backlog,,,あと最近はtrelloなどでしょうか。 1年のうちにめまぐるしく変わる開発ツールのトレンドに翻弄される方も多いのではないでしょうか。というか私がそれです。 半年の放浪で […]

Androidアプリ「TwitMorse」version1.6.1をリリースしました。

こんにちは。絶賛就職活動中の元社畜です。 先日とあるWeb系の会社の最終選考で、Twitterアカウントばれして、 「Twitter名、『ハイパーポエムクリエイター』さん、なんですね、何か唄ってみてください」 と言われ、 突然のことで頭が真っ白になってしまってシドロモドロになったので、もう就職活動が嫌になってきています。